■英文法・冠詞の質問と回答

冠詞の位置(2)

るんるん 携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:めんさん

こんにちは!

文法のことで質問です。

I have lived about as solitary a life as a modern man can have.

という文なのですが、solitary a life の aの入る位置がどうしてここなんでしょうか。

ちなみに辞書の例文にはlead a solitary life で載っていました。

 ↓
 ↓
 ↓

A:5さん

もちろん、通常は、a solitary life (孤独な生活) という語順ですが、
副詞 as で solitary を修飾する場合は、
as solitary a life という語順で使います。

このことは、他にも so, too, how で起こります。


RE:めんさん

ありがとうございます。
辞書で例文も探してみましたが、語順は5さんの
教えてくださったようになっていました。


A:ラーメン(´ー`)さん


副詞が修飾するものの一つには、形容詞があります。(名詞は修飾しない)

そして今回の場合は、副詞(as)が修飾する形容詞を引きつけて、aから抜け出しasとくっついたと言うわけです。

因みに、「such+a+形容詞+名詞」と、「so+形容詞+a+名詞」のような文法があったと思いますが、これの場合も同じ理由からです。

この場合、suchは形容詞として働くので、後ろに名詞句、soは副詞として働くので、後ろに形容詞がきています。

分かっているとは思いますが、「a+形+名」で一つの名詞のように捉えています(名詞句)。


ああ、この場合は比較の分野ですね。

as asの中は形容詞+名詞のパターンのほうでしたねf^_^;


RE:めんさん

ラーメン(´ー`) さん、ありがとうございます!
詳しく説明していただき、わかりやすいです!

文法は苦手でこれからもたびたび質問をすると思うので、またそのときはよろしくお願いします!





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



タグキーワード
冠詞の位置カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

on a table か on the table か

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していくことにします。
英文法の冠詞に関する疑問がある方のお役にたてれば幸いです。

Q たかさん

An apple on the tableは on a tableじゃだめですか?
よく、場所などの前置詞句にはtheがつきますよね?
the highest mountain in the world.なら世界はこの世に一つしかないので違うということはわかりますが、a house on the river など a riverでもよくない?みたいなかんじにおもえてしまいます。
なんで限定冠詞をつけるのでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

A Emanonさん

たか さん,

> An apple on the tableは on a tableじゃだめですか?

文法的には a ももちろん可能です。

実際,例えば Harry Potter シリーズの1〜6巻で,table という単語は約500件出てきますが,その中で,on a/the table の頻度は次のようになっています。

 on a table ... 7件
 on the table ...48件

> なんで限定冠詞をつけるのでしょうか?

the の働きは参考書にいろいろ書いてあります。ほとんどの場合それらの説明で理解できるものと思いますが,もし納得できないケースがあるようでしたら,具体的な英文(出典,前後の文脈を含む)を示して質問してみてください。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

コメントで、英文法の質問などを受け付けていましたが、
無関係なスパムのコメント、トラックバックが
余りにもしつこいので、コメント、トラックバックの
受付を停止いたしました。

非常に残念なことですが、ご了承いただきますよう
お願いします。

オッハー(管理人)





1日1問、英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
毎日解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冠詞の有無

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q

Good nutrition is vital for an infant's growth.
なぜanがついてるのでしょうか?
それから
Moderate exercise stimulates the circulation of the blood.
なぜ the bloodとtheがついているんですか?
二つの文でan theをつけないでおなじいみになるようにするにはどうしたらいいでしょうか。
おねがいします。


 ↓
 ↓
 ↓

A

ゆうさん、質問どうもです!
an infant's growth「幼時の成長」になぜ an が付いているのかと言うことですが、これは growth に a が付いているのではなくて、an infant「ある幼児」で、infant に付いているのだと思います。
「一人の幼児」と考えればいいのではないでしょうか。
次に the circulation of the blood になぜ、the が付いているのかということですが、the が付いていると言うことは、ある特定の人を意識した表現なのではないかと思われます。
つまり、適度な運動をしているある人を想定して「適度な運動をしている人のその血液のその循環」という意味で用いているのだと思います。
「血液循環というもの」と言うように総称的に言うなら、the circulation of blood と言うでしょう。
そして、an the を付けないで同じ意味にするにはどうするのかという質問ですが、その質問の意図がよくわかりません。すみません。付ける冠詞によって意味合いは変わってくると思うのです。
私なら、an infant's growth とか the circulation of blood と普通言うと思います。
しかし、これもその表現の前後の内容によって、どの冠詞を用いるかは変わってくると思います。

 ↓
 ↓
 ↓

A

> an theをつけないでおなじいみになるようにするにはどうしたら
> いいでしょうか

an infant's growth については,infant's --> infant(形容詞)としてやれば an が不要になると思います。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

the + 固有名詞

携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答をこちらに保存していくことにします。
同じような質問がある方に、すこしでもお役にたてれば幸いです。

Q

theは不可算名詞にもつけられるのですか?
例えば、
the money は文法的に間違っていないのですか?

 ↓
 ↓
 ↓

A

こんばんは。theは可算・不可算にかかわらず、名詞を特定するときには使われると思います。
I drank water. 「私はお水を飲みました。」
 この地点で、水の種類やどこにあった水かはどうでも構いません。
I drank the water. 「私はそのお水を飲みました。」
 この地点で、水が「そこにあった水」であったり「さっきの話に出た水」であったりします。
ロイヤル英文法にも
The wine I drank at the party was very good.
とありますので、ご参考までに。

 ↓
 ↓
 ↓

A

 ばあやさんの疑問は私も中学のときに漠然と抱いていたことがあり、懐かしさもあり、補足をしたいと思います。
 ばあやさんが「the+不可算名詞」に疑問を持たれたのは、学校ではa/an/theが「冠詞」として一つに分類されており、同じ用法であるかのようなイメージを与えているからだと思います。でも、a/anとtheは、それぞれの起源を考えると別の用法を持つことが理解できます。
 anはoneと起源が共通です。(発音が似ていることにも注意してください)aは子音の前でanの[n]の音が脱落してできたものです。簡単に表現すると、a/anは元々数詞のoneであり、したがって、a/anには「1つの」の意味合いが含まれ、可算名詞の単数形にしか付きません。
 一方、theはthatと起源が共通であり、元々指示形容詞でした。したがって、theは、拓未さんの説明にもあるように、特定のものを指すときには可算名詞と不可算名詞のどちらにも付きます。(thatは可算名詞の複数形には付きませんが、theはその用法も得たのかなと思います)





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事の名前の前の冠詞

ペン 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。

Q
He has already eaten lunchという文にはlunch の直前に冠詞がつかないのはなぜなのですか?
英語は大の苦手で今はじめのはじめから勉強しなおしています。
くだらない質問だったらごめんなさい。

 ↓
 ↓
 ↓

A
breakfast, lunch, dinner などの食事の名前の前には、普通、冠詞( a, the )を付けません。
He has already eaten lunch. の lunch も、「昼食というもの」ぐらいの意味で、「一つの具体的なまとまり」としては、意識していません。
また、その lunch の内容が何であるのかも意識していません。
この lunch は目に見えない抽象的なものです。

ところが、lunch に形容詞が付くと、a を用います。
I had a special lunch.
この場合、「一つの具体的なまとまり」を意識しています。例えば、サンドイッチとサラダとコーヒーがセットとなったものなどを意識しています。また、「これがスペシャルランチです」と、相手に具体的に示すことができます。

つまり、「昼食というもの」という意味で使うと、冠詞はつきません。
形容詞を伴って、具体的なものを意識すると、a が付きます。

また、lunch を「弁当」という意味で使うと a がいります。
I bought a lunch at the station.「私は駅で弁当を買った」





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング





タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

baby in car は変でしょう!

メモ 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q
@バスで=by bus のように、aが付かないのはなぜですか。
theは変だと思いますが・・・。あるいは、複数形にしないのですか?

Aよく、車の後ろに「baby in car」とありますが、これもどうなんでしょうか?
「baby」「car」ともに数えられるのに、冠詞も複数形もないのが疑問なんです。お願いします。
 
 ↓
 ↓
 ↓

A
@なぜ、by a bus ではなくて by bus なのか?
数えられる名詞が単数形なのに冠詞がついていない場合、それは抽象名詞(目に見えない名詞)として使われていると考えます。

go to the school「学校の校舎があるところに行く」
go to school「学校に勉強しに行く」
無冠詞の school は抽象名詞で「勉強」です。

go to the sea「海に行く」
go to sea「海に出る→船乗りになる」
などです。

by car と言った場合、具体的な形を持った1台の車を頭に思い浮かべていません。
車という交通手段のことを述べています。
冠詞がなければ、具体的なものではなく「本来の機能」の方を言い表していると考えて下さい。

A車の後ろに張ってある黄色と黒のステッカー「baby in car」ですが、これは和製英語です。間違った英語です。

アメリカでは"baby on board"というステッカーなのですが、なぜか間違って、日本では「baby in car」になったようです。
これだと車の部品として赤ちゃんが組み込まれているような感じになってしまいます。ギャグとしては面白いですね。

"baby on board"ですが、このステッカーを見せられても、「だからどうすればいいんだよ?」と思ってしまいます。
「私は安全運転をしています」と言っているのだという説もあれば、「事故の時などに救急隊員に赤ちゃんが乗っているはずです」と知らせているという説もあります。

でも、事故の際、たまたま赤ちゃんが乗っていなかったら救急隊員にとっては、迷惑な話になります。
よくわからないステッカーです。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冠詞の位置

ペン 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q:
A horse can require five times the salt intake of a human.
と言う文で、five times「5倍の」は形容詞でしょうか。
ならばなぜtheの後ろに来ないのですか?

副詞なら、five timesを文末に移動できますか?どうしてこの位置なのでしょうか?
お願いします。

 ↓
 ↓
 ↓

A:
結論から言うと、times は名詞です。five times で「5倍のもの」です。
ただし、ここでは形容詞の働きをしています。

「人の5倍の量の塩分摂取を要することがある」ということです。
もともと five times of the salt intake of a human「人の塩分摂取量の5倍(の塩分)」だったと思われます。その of が省略されたものと考えられます。
だから、the が変な位置に残っているのです。

all the people 「全ての人々」も all of the people の of が省略されたものです。
ですから the all people にはなりません。
half an hour「30分」なども同じです。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング


1日1問、英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
毎日解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関係詞の先行詞と冠詞について

ペン 携帯サイト「最強の英文法」に寄せられた質問と回答を掲載していくことにします。
本気で学ぶあなたが読めば、無料の英語教材になります。

Q:
「私はサッカーを上手にする少年を知っています。」
I know (  ) boy who plays soccer well.の文ですが、aとtheのどちらでも意味は同じですか?あるいはどちらがふさわしいのでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

A:
a boy と the boy では、日本語訳は同じですが、状況が少し異なります。
a boy の場合、その少年は、会話の中で初めて出てきた少年です。
「私はある少年を知っているが、その子はサッカーが上手なのです」
しかし、the boy の場合、それ以前の会話の中ですでに話題にのぼっている少年です。
「私はその少年を知っているが、その子はサッカーが上手なのです」

 ↓
 ↓
 ↓

A:他の方からの回答
I know the boy who plays soccer well.
の場合は「サッカーがうまい少年は世界中探しても一人しかおらず、その少年のことを私は知っている」という意味を含み、(よってそもそも関係代名詞節の限定用法が成立しない上に)他にも「サッカーがうまい少年」はたくさんいる事から、a boy の方が正しいということになるのではないでしょうか。
勘違いでしたらすみません。

例えば
I have visited the place which is famous for Lake Biwa.
という文なら、「琵琶湖で有名な場所」といったら一つに定まる(この場合は滋賀県)ので、the が適当です。逆に先ほどの文なら、「サッカーがうまい人」と言っても一人に定まらないため、a が適当です。このように関係代名詞節の中の文から判断すると良い……………と思うのですが、間違ってると怖いので管理人さんの反応を待ちましょう。


 ↓
 ↓
 ↓

A:
残念ながら、私の認識とは違いますね。
I know (  ) boy who plays soccer well.
この問題で、a か the かと問われたら、私も a を入れます。

ただ、文脈からこの少年が話し手同士で既知の少年であれば、the も可能だと言いたいわけです。
A:Do you know Ken?
B:Ken? Oh, I know the boy who plays soccer well.
( I know the boy. + He plays soccer well. を1文にしたもの)
この場合、Ken は既知の少年であり、a は不適です。

また 
I'm from a place which is famous for the biggest lake in Japan.
「私は日本最大の湖がある場所から来ました」
何かの集まりで自己紹介をするときに、相手が日本最大の湖がある場所を知らないと考えたときには、a が良いでしょう。

次の例文を考えてください。
The mountain whose top is covered with snow is Mt. Asama.
「頂上を雪で覆われた山が浅間山です」
別に頂上が雪で覆われているのは、世界で浅間山だけではないのに、the を使うのはなぜでしょう?
つまり、話し手同士でわかっている(または話し手がわかっているものと考えている)ものに the をつけるのです。


 ↓
 ↓
 ↓

A:
きちんとした文脈が有る場合は管理人さんの言うとおりだと思います。ただ「関係代名詞節の中から“も”決まる」というのは覚えていた方が良いかと思います。大学入試の和文英訳などで問われているのを何度か見たことがありますので…。





英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」

PCやタブレットに対応しています。もちろんスマホにも対応したサイト。
英文法問題や英文法の質問と回答などをまとめています。
⇒ レスポンシブサイト「究極の英文法」



この記事が役に立ったらクリックして下さい。
人気blogランキング



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ■英文法・冠詞の質問と回答 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。